別居して不倫相手のところへ行く妻 - ゲス不倫!!夫妻の後先考えない行動とは

ゲス不倫!!夫妻の後先考えない行動とは > 別居して不倫相手のところへ行く妻

別居して不倫相手のところへ行く妻

男女間のこじれによって、夫婦関係が壊れてしまったという人は少なくありません。 この場合は別居という選択肢もあるのですが、中には別居中に不倫相手のところへ行ってしまう方も少なからずいるようです。別居をして不倫相手のところへ行く妻、また別居中の注意点などについてを紹介します。

夫の場合は、別居中の行動が、今後の夫婦生活を左右する事もありますので、行動には注意が必要です。ましてや別居中に別の女性のところに行ったり、豪遊する事は避けた方が良いでしょう。現実では妻と別居中だからと言っても、夫婦関係は続いている状態です。そのため夫には家族の扶養義務が発生しており、妻からは婚姻費用などを請求される可能性があります。また別居の理由が妻の浮気だったとしても、婚姻費用は支払わなければいけません。

別居中であっても夫婦関係を継続したいと望む方は多く、その理由は家庭によって様々です。例えば、世間体のためとか子供のためが挙げられます。これらは基本的には夫婦間で取り決めをするのが一般的ですが、ほとんどの場合でこのような状況では冷静な判断ができないのが現実です。そのため妻が勝手に離婚届を役所に提出してしまう、というケースも少なからずあるようです。残念ながらこの方法でも法律的には離婚が成立してしまいますので、これを回避したい人は離婚届の不受理申出を市役所に予め手続きを行うと安心です。

これを行う事で離婚届が提出されても受理される事はなく、取り下げをするまで有効となるようです。以前は、不受理の効力は1年だったのですが、現在は期限無しで効力が続きます。

妻が不倫している場合は、特に要注意で不倫は本気でしている可能性が大です。妻の浮気や不倫が理由で別居している場合には、別居期間中に妻は間違いなく浮気相手のところで暮らすでしょう。そうなると、この間にさらに不倫相手との関係が深くなる可能性も十分に考えられます。そのため、もし妻ともう一度やり直したいと考えている人は、何らかの手段を使って早期に対処する必要があります。例えば世の中には別れさせ屋といったプロの集団もいますので、このような専門家に依頼するのも手段と言えます。妊娠してからでは大変なことになります。モタモタしている時間はないでしょう。

別居状態の場合は、妻と話し合いができない事も多々あるでしょう。そんな時は誰に相談するべきかで悩みますが、実は身内よりも専門家に話した方が確実です。その理由は別居中は話し合いをしたいと思っても妻の方が応じないケースが多く、また妻の両親に相談をしても良い結果とならない事があるからです。特に義父母は自分の娘が一番と考えていますので、別居の原因は全て夫の責任である、と転嫁する可能性もあります。そのため相談をするなら、第三者的に意見を取り入れられる専門家に依頼をする方が有効と言えるのです。

状況的に自分の意に反して別居になってしまった場合は、妻の気持ちが完全に離れている状況ですので、修復を試みたり話し合いをする事は非常に難しいと考えた方が良いでしょう。連絡を取らない冷却時間も必要ですが、それ以上に必要なことは妻の状況を把握する必要もありますし、子供の状況も心配です。

妻の不倫が原因となり、別居生活を余儀なくされてしまうケースもあるかと思います。その場合は今後の夫婦生活をどうしたいのかにもよりますが、過激な行動は避けた方が良いでしょう。もし夫婦生活を修復したい場合は、冷静になって第三者にお願いした方が、より確実だと思われます。