妻に不倫された場合の慰謝料について - ゲス不倫!!夫妻の後先考えない行動とは

ゲス不倫!!夫妻の後先考えない行動とは > 妻に不倫された場合の慰謝料について

妻に不倫された場合の慰謝料について

信頼していた妻に不倫をされた場合、必要である証拠はしっかりと押さえておくようにしましょう。
というのも不倫されたことによって離婚をすることになった場合妻に対して慰謝料を請求することができるのです。
慰謝料とは精神的苦痛を受けた場合にその精神的苦痛に見合った金額を受け取ることができるもののことで、慰謝料は妻だけでなく妻の不倫相手にも請求することが可能です。

不倫相手に対して請求することができる場合は、その不倫相手が妻が結婚をしていて配偶者がいるという事を知りながら不貞行為に及んだケースになります。
その場合夫婦関係が壊れて離婚することになった場合はもちろん、夫婦関係を修復して再構築して夫婦関係を続けていくという選択になったときにも不倫相手に対して慰謝料を請求することができます。

また慰謝料を請求する場合には、妻が不倫をしたという事実がわかる証拠が必要です。
証拠をしっかりと押さえておく必要があります。
もちろん本人が自白した場合にはそれも不倫の証拠となるのですが、中にはしらを切り通す方もいらっしゃいます。
証拠がない限り本人が浮気をしていないと言い張れば不倫をしたことの事実を突きつけることが出来ず慰謝料請求をすることもできないのです。
ですので証拠を押さえることが重要になってきます。

不倫をしたことの証拠をつかむのはなかなか素人では難しいですし、失敗してしまうと相手に警戒されてしまって証拠などを隠されてしまう可能性があります。
そこで探偵などのプロに頼るという方法があります。
探偵に依頼することで証拠を得ることができる可能性が高まるといえるでしょう。

そして証拠を得て実際に不倫をしていたという事実が分かったのであれば次は慰謝料を請求することとなります。
素人が行うのは難しいものですし口頭での約束は無理があります。
慰謝料を払うとその場は言っていても払わないという方も多いです。
弁護士に相談して依頼をすることをお勧めします。