妻の不倫について - ゲス不倫!!夫妻の後先考えない行動とは

妻の不倫について

結婚して夫婦として生活をしていくうえで浮気、不倫はしてはいけないといいうのは当然のルールです。
ですが、不倫をしてしまう人たちも中に入るのです。

不倫と言えば男性が遊びでするというようなイメージがあるかもしれませんが、不倫をするのは男性だけではありません。
最近では妻である女性の方が不倫をするようにもなっています。
妻の不倫は夫の不倫とは違って危険であるともいわれています。
というのも妻の不倫の場合は遊びではなく本気になってしまうケースが多いといわれているのです。
最初は遊びのつもりで浮気をしていたとしても自然といつの間にか本気になってしまっているというケースが多いです。
夫が妻の浮気に気づいたときにはもう遅い、というようなケースが多々あるのです。

妻が浮気をしてしまった事例として、例えば専業主夫であり家事や育児に追われる毎日で社会とは切り離されてしまったようなさみしさ、そして毎日のマンネリ化から不倫という刺激に走ってしまったというケースがあります。
主婦として毎日家の仕事をしていると社会とのかかわりも少なくなってしまい生活をするうえで刺激を求めてしまうのです。
そしてその刺激が不倫へと向いてしまうというケースも少なくありません。

またほかにも夫がかまってくれないという寂しさから不倫に走ってしまったという方も多いです。
例えば夫との生活に不満を感じていた、夫との間のセックスレスで悩んでいて、そこに魅力的な男性が表れて結果寂しさを埋めるために不倫に走ってしまったというケースがあります。

もちろん不倫は決していけないことですし不倫をした側が悪いのですが、残念ながら妻の不倫には夫にも原因があるというケースが多くみられます。
また妻がする不倫はなかなか夫も気づきにくいという特徴がありますね。
気づいたときにはすでに深い仲になっていたなんて言うケースもあり得るようです。
妻の不倫を防ぐためにも夫としても気を付けるべきところがありそうです。

かくにも女性の特有なもので、猫まっしぐらのところがあるので体を奪われると心まで奪われ本気になる傾向があります。

猫は行き先しか見ない、見えないとなるために厄介です。
2人(夫婦)で話し合いを重ねれば重ねるほどに夫婦仲が壊れていきます。
話し合いでパートナーとは分かり合えない存在だ、昔と人が変わった、常識が通じないと思ってしまうもの。
何故そうなったのか…嘆き自分の性にする、パートナーの性にするなどの意味のない理由付けを始めます。
このようなことになる人は多いですが、自分に良いように理由付けをして納得したいだけです。
原因は、小さなことの積み重ねですが決して諦めて良いはずがありません。
自分でどうするべきか迷ったときは、メンターとなる人物を探し、最大限に知識を活用すべきです。
多少金額が発生したとしてもその知恵は経験になるため、高い買い物ではないはずです。
ここで大切なのが、ゲス不倫にだけに特化するのではなく、全てを把握して問題がどこにあるのかを見極めましょう。

パターンは似て非なるものだからです。
知識を得るためにトラブルのプロ(専門会社)に指示を仰ぎましょう。
指示を無料で行っている無料相談室がある探偵や興信所が仙台にあります。
記載していることは実例だと思いますが、同じような内容で悩んでいる人が多数いることにも驚くかと思います。
皆悩み苦しみのなかで戦い奮闘し、もがきながらも前に進んでいる人に共感できるものであります。

メニュー